住宅ローン返済に困ったら|充実した暮らしが実現できる不動産物件を探そう

充実した暮らしが実現できる不動産物件を探そう

室内

住宅ローン返済に困ったら

集合住宅模型

競売を回避することが必要

東京では住宅ローンの融資を金融機関から受けて払えなくなった場合、任意売却をすることができます。東京の知人はマイホームを担保に銀行から住宅ローンを借りたのですがある事情で途中から払えなくなりました。ローンを滞納するとすぐに督促状が送られてきます。どうしようかと悩んでいる時に知ったのが、不動産コンサルタント会社の任意売却仲介サービスです。滞納が続くと金融機関などの債権者による申し立てで裁判所による不動産の差し押さえに至ることもあります。任意売却はその前にローンを組んだ債務者が不動産を売ることができるのです。これはコンサルタント業者による交渉により、金融機関などの債務者の理解を得て不動産の抵当権を解除してもらう必要があります。

有利な条件で売却が可能

知人は任意売却によって有利な条件で住宅を売ることができました。これが競売にかけられたなら手続きが数ヶ月以上も必要となり、売却価格も数割程度低くなることがほとんどです。そのため東京では市場価格に近い取引ができる任意売却に合意する債権者が多いのです。それに任意売却なら短期間で売却することができ債権者は早期に資金を回収できます。また競売にかけられるとなると裁判所や、落札希望の不動産業者などが調査にくるので近所などに知られてしまいます。任意売却はこのような事態も避けることができます。東京の知人は無事に任意売却で市場価格に近い金額で家を売ることができましたが、この金額は住宅ローンの残金よりも下回ってしまいました。しかしこれは不動産コンサルタントの交渉のおかげで一定期間の猶予や月々の支払い金額の変更などができるようになりました。